couler-de-source

新田祐克先生大好き。 BL/腐女子になります。 カテゴリーに分けて掲載をしていきますので、今日のblog(つらつらblog)には、BL/腐女子のつぶやきになります。 他カテゴリーはSSになりますので宜しくお願いします。新田祐克先生の代表作品『春を抱いていた』のSS中心になりますが、たまに他の作品や作者のがあるかもしれません。 ご理解ある方々、宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コメント返信

こんばんは。
昨日記載いたしました、SSに拍手頂いた方々ありがとうございます。
初めてなもので、誤字脱字などいたらない文面ですが、これからも宜しくお願いします。
次回SSは、7日から8日にアップします予定(笑)
*涼さん
コメント頂きありがとうございます!SSほんと…思いつき設定ですが、こんな形で始めました。今後とも宜しくお願いします。
リンクありがとうございます。私の方こそ宜しくお願いします。涼さんの。。。ぜひリンクさせてください!
また、ゆっくりですが記載して行きますので宜しくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 10:36:11|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のぼやき

30日………シェリプラスのため四件本屋をはしごいたしました。
ホントに無いんですよ。
最後のお店で、やっとみつけました。
でもラスト1冊。新田先生のカラーありで、なんだか神妙??な展開になりそうなスピリチュアルポリスにドキドキいたしました。
どうなっちゃうの?
秋までお預けですね。
  1. 2011/05/31(火) 07:03:48|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SURPRISE BIRTHDAY 0

朝一の撮影があった。
現場は順調に進み和やかに終わった。


「お疲れ様でした。岩城さん、次のが夕方からになりますが、だいぶ時間ありますが…どうされますか?」
時計を見るとまだ昼少し前だった。
「早く終わりましたね。そうですね…食事をしたら少し買い物に出掛けたいんですが。。。」
「では、食事終わりましたら、お送りします。」



控え室に戻り用意されていた弁当を食べ終わると、仕事関係者に挨拶をして、清水の運転で買い物に出掛けることにした。
「岩城さん。お買い物は、何を買いに行かれます?」
「うーん。服にしようかな?」
「では、〇〇店でいいですか?」
「お願いします。」


清水の運転にまかせ、夕方からの仕事の予定を確認しながら、買い物の店にむかった。
「岩城さん。到着しました。私も他の店見ていますので、終わりましたら連絡下さい。」
「わかりました。では
あとで。」


清水と別れ、いつもの服屋にむかった。
店内に入ると、店長が挨拶にきた。
「岩城さま。ご来店ありがとうございます。新作も入って来ております。ご案内必要であれば、声かけて下さい。」
「ありがとうございます。」
店長は、深々と頭をさげ、奥にさがった。


岩城が、ゆっくり商品を見はじめた。ジャケット、シャツ…
どれにするかなぁ。しかし、ここのでは香藤には、ちょっと落ち着きすぎか。

小物のところで立ち止まる。
ネクタイ…香藤あまりしてるところ見ないなぁ。いくつかは、持ってはいるんだろうけど、、、ラフにスーツ着こなしてるからな。
色を、あまり落ち着かせすぎてもなぁ。このデザインは、どうだろう。
いくつかを手にとり並べるが、イマイチイメージが合わない。
繰り返していると、そっと店長が岩城の側にきた。
「岩城さま。ネクタイで新作こちらがありますが。。」
店長が差し出したネクタイは、確かにシックなデザインで自分の好みだった。
「いいですね。」
言葉の割に声色が、あまり乗り気ではないのを感じた店長は、次の案内をと思い岩城が、出して並べていたデザインのネクタイを見て、全体的に華やかなのに気がついた
「失礼いたしました。本日は、プレゼント用をお求めでしたか。申し訳ありません。」
並んでいる商品から、プレゼント用と気がついたため、店長は頭を下げる。
「いや、あの…まぁ。そうなんですが、自分の好みだと落ち着きすぎかと思って、少し華やかなのを出してみたのですが、なんだか違うんですよ。アドバイス頂けますか?」
「私で、よろしければ…では、そちらのソファーで、少々お待ちくださいませ。」

軽く頭をさげ奥へむかった。


ソファーにかけ、新作のカタログを受け取り眺めていると店長が戻ってきた。

「お待たせいたしました。何点かお持ちいたしましたので、ご覧頂けますか?」
店長が持ってきてくれたネクタイ、スカーフネクタイは、岩城がするには、どれも華やかだが落ち着き大人らしい物だった。
岩城は、香藤のスーツの姿をメージしながら、一つずつ手にとりデザインを合わせていく。
セレクトしてきた店長は少し緊張気味に、商品を選ぶ岩城を眺めていた。
岩城は、気になったのを、手にとり
「このネクタイと、こちらのスカーフネクタイいいですね。この2つにします。」
「はぁ。良かった。緊張いたしました。テレビのイメージだけでセレクトしてまいりましたが、気にいってくださる品があり良かったです。では、こちらを新しいのでご用意してお包みしてまいります。」
商品を受け取り、奥へむかった。
店長が商品を持って戻ると、岩城が会計を済ませて、商品をうけとると
「お力になれて良かったです。気に入って頂ければ幸いです。おめでとうございます。とお伝え下さい。」店長は深々と頭を下げ岩城を見送った。



香藤へのプレゼントだとバレバレだなぁ。
でも、これでプレゼントは用意できた。一緒に買いに行くのもいいが、香藤だって俺に似合うと思って…とか言って俺の服を買ってくるんだから、たまにはいいだろう。



清水に連絡をし、夕方からの仕事を終えて帰宅して、プレゼントは岩城のクローゼットへ片付けた。
  1. 2011/05/31(火) 02:31:36|
  2. 春抱き★SURPRISE BIRTHDAY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。