couler-de-source

新田祐克先生大好き。 BL/腐女子になります。 カテゴリーに分けて掲載をしていきますので、今日のblog(つらつらblog)には、BL/腐女子のつぶやきになります。 他カテゴリーはSSになりますので宜しくお願いします。新田祐克先生の代表作品『春を抱いていた』のSS中心になりますが、たまに他の作品や作者のがあるかもしれません。 ご理解ある方々、宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕の声★take on one's style⑥完

床に額を擦り付けるよにうにして謝りつづける保坂を見て、黒川は小さくため息をつき、仕方がないなと思い。


『保坂くん。頭あげてよ。』


保坂は、そろそろと頭をあげ、しゅんと落ち込んだ表情で


『弓ちゃん。ホントに…ごめんね。』


『わかったから、もう謝らなくていいよ。』


『ホントに…許してくれる?』


まだ不安そうな顔で保坂が聞いてくる。


『ちゃんと…説明してくれたから、勝手につけたこと許すよ。だから………その………』


話を途中でとめて、両手で口元をふさぎ俯いた。
サラサラと流れる柔らかな髪の間から見える黒川の頬が赤い。


『だから…なに?弓ちゃん』


床に座ったまま保坂は、黒川の髪をかきあげ、黒川の額にコツリと自分の額をあてる


『あっ…だぁ……にっ……』


驚いた黒川は、さらに赤くなり身をひいた。
保坂は、そんなに驚かなくても?!というそぶりを見せて黒川の隣に座り、黒川の指に自分の指をからませた。


『弓ちゃん。だから…の続き教えて。』


黒川を見つめる保坂に


『だから…ちゃんと説明してくれたから、持ってもいい。』


『ありがとう!弓ちゃん!』


黒川からの返事が嬉しくて嬉しくて保坂は、黒川を抱きしめた。
保坂の腕のなかで、黒川がゴホンと咳ばらいをし


『だだし。』


喜び一転…また不安になった保坂は腕の中の黒川に問う


『弓ちゃん?なにか?まさか、キーリングはいらないとか?』


『そうじゃない。』


『なに?』


『僕が、保坂くんの鍵を受け取るのは、僕の鍵を保坂くんに渡してからね。』


黒川は、ニコリと笑いながら小悪魔のように答えた。

『そっ…それって、俺が弓ちゃんから合い鍵受け取れるまで、ダメってことーーー?』


保坂は涙目になりながら悲鳴をあげた。


『そっ。それが条件。』


『弓ちゃん。それいつ?』

『さぁ?いつになるだろうね?』


涙目になり追求してくる保坂を見て、クスクスと黒川が笑う。


『もう。弓ちゃーん。今からでも弓ちゃんの部屋の合い鍵作りにいって、交換しようよー。』


『だーめ。ビックリさせた罰だ。今は…あげない。』

『そんなぁ……』


保坂は、ガックリと首を落とす。


『最初から、ちゃんと言ってくれれば、すぐにでも出来たのかもしれないのに残念だったね?保坂くん。』


うなだれている保坂の腕から抜け出し


『喉かわいたから、飲み物もらうよ。』


『どぉうぉぞぉ…』


ソファーになだれたまま、答える保坂の声は、梅雨空より暗かった。


冷蔵庫を開けながから黒川は、あれだけ反省させれば充分かな?と思いポケットに手を入れ、小さなマスコットキーホルダーを取り出した。
キーホルダーの先には、今日の帰りに作った自分の部屋の鍵がついている。

仕事には影響はださないにだろうけど、あの暗雲の被害に共演者があわないともいいきれないし。
仕方ない。

頃合いみて、近いうちに渡すか。

黒川は、仕方ないなと小さく笑い、キラキラ光る鍵をポケットに戻した。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/20(日) 12:57:50|
  2. 僕声★take on one's style
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の声★take on one's style⑤

『保坂くん。離してくれよ。帰るんだから!』


ソファーへ押さえ付けられ、動けずにいる黒川が叫ぶ

『いやだ!離さない。いま、ちゃんと説明しなきゃ…弓ちゃんもう俺の部屋。いや、俺と会ってくれないでしょ。……ごめん。』


怒っているだろう俯いたままの黒川を保坂は抱きしめ鍵を付けた理由を話すことにした。


『合い鍵は、まえまえから用意してたんだ。俺が仕事押して遅くなっても、弓ちゃんが部屋に入れるように、そうして会える時間が少しでも増やせるようにしたくて………ちゃんと説明して渡さなくちゃいけない物だったんだけどさ。』


黒川からは何も反応がない。


『今朝…起きて弓ちゃんがいてくれたことが嬉しくって、俺の部屋で過ごすことに少しずつ抵抗なくなっているんだ、慣れてくれたんだって思って感じて。
そうして、こういうのがこれからも続けはいいなって思ってさ。
浮かれちゃって、ちゃんと話して渡すはずだったんだけど、少し…びっくりさせようと思って、つい…鞄に勝手につけちゃったんだ。
ホントに、ごめんね。』


鍵をつけたいきさつを話し続けるが、黒川からは何も返事がない。


『弓ちゃん。怒ってるよね。ごめんね。』


腕から抜け出そうとしない黒川を離し、保坂は床に座り俯いたままの黒川を覗きこみ、床に頭をつけて謝った。
  1. 2011/11/04(金) 23:15:48|
  2. 僕声★take on one's style
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。