couler-de-source

新田祐克先生大好き。 BL/腐女子になります。 カテゴリーに分けて掲載をしていきますので、今日のblog(つらつらblog)には、BL/腐女子のつぶやきになります。 他カテゴリーはSSになりますので宜しくお願いします。新田祐克先生の代表作品『春を抱いていた』のSS中心になりますが、たまに他の作品や作者のがあるかもしれません。 ご理解ある方々、宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛夢

濡れた髪を乾かしたタオルをベッドサイドに置き、ため息をつく。



『香藤がロケから帰ってくるのはあと3日先か…』


一人ちいさく呟き香藤のベッドに入る。
一人寝が寂しいのは慣れたものの……
淡泊な方だと自覚がある性だが…先程まで香藤と電話で、厭らしい言葉でさんざん煽られ恥ずかしさの余りに途中で電話を切ったのだが、煽られついた小さな火が体の奥で消えずに、プスプスと燻り続ける。
ほてる体を冷まそうと、冷たいシャワーを浴びても落ち着かない。


『あのバカ……』


仕事と社長業務での疲労で体は重いのに眠りにつけない。
そろそろと手を下ろし自身を確認すると熱く脈打ちを繰り返している。
自慰をするかと……指を絡めてみるが……解放はされるが香藤の体温を感じれない虚しさが募るばかりだと思い絡めた指を離し、明日は休みだからと階下へ行き、やや強めの酒を何杯か飲み、少しフラツキながら階段を上り香藤のベッドに沈む。
しばらくするとフワフワと酒による浮遊感が体を襲い瞼が重くなってきた。



『香藤…帰ってきても……やらせないぞ……』



ぽつりと呟き、襲ってきた睡魔に身をゆだねる。






『んっ…はぁ……』


『大好きだよ…岩城さん。』


つぅ~と滑らかな香藤の指が岩城の口元から胸元に滑り落ちる。
紅く可愛らしい突起に優しく口づけ舌で転がすように舐めつつく。


『あっ…ぁいっ…んぅふ…』


『ここ…好き?』


ピンと指で弾かれ、舌と指で何度も交互に攻められ、甘い吐息を漏らしながら、頬を染めた岩城が、コクコクと頷き、香藤の腰に自らの腰を擦り付ける。
熱い岩城の腰を撫で下ろし岩城自身を優しく包む。


『もう…限界?どうして欲しい?手?唇?…どっちでしてほしい?』


さらりと艶やかな髪を撫でて岩城の耳元で囁き、耳下を甘噛みする。


『ひぁ…っあ…』


『ねぇ…どっち…』


ツウ~と形の良い耳を舌でつたいながら、フゥと耳元に息を吹き掛けると、身震いした岩城が小さな声で


『んっぁ…あっ……く…唇…で…』


固くつむった瞳から雫がこぼれる。こぼれる雫を舌ですくいながら紅く染まった頬へ口づける。


『ん。わかった。じゃぁ、唇でね。』


スルスルと舌を滑らせながら下肢に下りていき、岩城自身に辿り着くと溢れ始めている愛液を舐めとる。


『あぁっ…あああぁ…』


それだけ達しそうな岩城自身の根元を指で征する。


『ひゃぁ…いゃ…』


『もう少し我慢して…』


岩城自身に、チュッと弾むキスを愛おしむように繰り返す。
キスする度にピクンピクンと岩城自身が震え、愛液が溢れてくる。
こぼれ落ちる愛液の源へ舌を這わせる。


『ふっ…ふぅ…んっぁ……か…とぅ…』


愛液の源に辿り着き、愛液をワザと音を立てて啜る。


『あぁん…っ…あ…いぃ………』


『ん~美味しい。全部飲んでいいかな?岩城さん?』

愛液の源を舌でつつく。戒めていた根元の指をゆるめ緩やかにしごく。


『あっ…はぁ……いぃ…か…とぅ…おね…が…ぃ…んっぁ………』


『もう限界?』


綺麗な睫毛をキラキラと雫で濡らし紅く染めた頬に零しながら頷く岩城の髪を優しく撫でる。


『ふぁ…もぅ…いっ……いぁ…いく…』


限界を漏らす岩城を愛おしく見つめ


『ホントに……おいしそう…いただきます。』


愛液の源を唇でくわえ、緩やかに前後しながら、器用に舌を岩城自身に絡める。快楽に溺れる岩城が助けを求めるように香藤の髪をかき撫でる。



『あっ…あぁ…あぁっ…い…んっぃ…かっ…とぅ……』


緩やかな暖かい唇が、吸い上げるように激しくつつむ。


『かとぅ………あぁ…いっ……いくぅ……ああぁぁ~~』


ガクガクと腰を震わせ香藤の髪を掴みながら、熱い愛液を柔らかな香藤の唇へほとばしらせる。
小刻みに震え弛緩して意識が遠のくなか、ゴクリと岩城の愛液を飲み込む音が聞こえた。


『ごちそうさま。岩城さん。』



パチンと何かが弾ける音が頭に響く。
「はっ………えっ………
この歳で………まさか………夢精………………………………」
驚きのあまり飛び起きようとするが、体が怠く重く起き上がれない。
瞼をこすろうと手を伸ばした先に温かいタオルが触れた。


『起きた?岩城さん。あぁ、睫毛が痛むから手をどけて、いま拭いてあげるから。』


何故、香藤がここに……?

温かいタオルで顔を拭かれながら不思議そうに香藤を見つめる。


『驚かせちゃって、ごめんね。明け方に帰ってきたんだよ。』


『でも…?仕事は?』


順調に撮影が進んでるとは聞いていたが、3日も早く終わるとは思えず香藤に聞きながら、体を起こそうとするが、体が鉛のように重くベッドに再び沈んでしまう。


『あぁ、無理しちゃだめだよ。もう少し休まなきゃ。お酒も残ってるしね。』


ウィンクして香藤が微笑む。


『仕事は脚本家が、ラストが納得いかないって、やり直すって言い出しちゃって急遽撮影中断。んで、岩城さんに逢いたくて帰ってきたの。』


温かいタオルが頬から、胸元へ下りてゆく。


あれ?…俺…パジャマ……ふたたび疑問のため首を傾げる岩城に


『んっ?あぁ…帰ってきて岩城さんと一緒に眠ろうとしたんだけどね。』


タオルで岩城の体を優しく拭きながら香藤が


『岩城さん、なーんかいい感じに色っぽくて、ココがスッゴく美味しそうだったから、美味しく頂きました。』


タオルで岩城自身を優しく包み拭う。


『久しぶりの岩城さん。綺麗だったよ。』


体を拭き終えたタオルをベッドサイドのボウルに入れ、岩城の体を支えながら新しいガウンを着せる。


『さっ、スッキリしたね。俺も休みだから、もう少し眠ろっ。』


スルリと岩城の隣に入り、岩城を腕の中に抱き込む。しばらくすると香藤はスヤスヤと眠りについた。

温かな香藤の腕の中で、岩城は夢精でなかったのに一安心し、安らぎの香藤の胸元に鼻を擦り付け


『この悪戯悪魔め……でも……大好きだ……』


囁く岩城の声が聞こえたのか、香藤の岩城の髪を優しくすく。
大きな掌に安堵し岩城も再び眠りについた。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/22(日) 23:51:41|
  2. 春を抱いていた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

9月22日

こんばんは。
訪問ありがとうございます。


お彼岸ですね。
今日は、お寺にお参りにいってきました。
そこのお寺には、休憩所に飼われている猫さんがいるのですが、先月末から新たな捨て猫さんが現れ、休憩所の係員さんが、外でご飯あげたら、すっかり居着いちゃって、外の猫さんになりつつあるそうです。


休憩所の猫さんは撫でることができるのですが、外の猫さんは、まだ警戒心剥き出しで近くで見ることはできても撫でることはできませんでした。


明日は、お墓の掃除をしてこなきゃ。



さっきまで、キスアリキを読み直していて、寝ている間に襲われた?透くんのお話読んでいて、あっ…岩城さん襲いたいと思っちゃいまして………
軽く襲いました……
んで……書き逃げ作品ができましたので掲載します。

誤字脱字の指摘は受付いたしません。
宜しくお願い申し上げます。(笑)
  1. 2013/09/22(日) 23:50:05|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月17日

台風一過が去り
晴天に恵まれた今日…皆様体調だいじょうぶですか?
被害にあわれた方々、大変ですが一日でも早い平穏な日々が訪れますよう心からお祈りします。



台風の日に届きました。
ひっさしぶりに、新田先生以外のコミック買いました。


安曇もか先生の『小夜鳴鳥に千のくちづけ』

b-boyhoney・b-boyキチクのアンソロジーで収録されていて、君蘭さんの表情が可愛くて、でも?なんで…こう頑ななのかが解る話が、書かれることなくコミックが発売されて悩んだあげく買いました。
読んでスッキリ………。



最初に君蘭さんが穏やかな幸せを掴みかけた頃のお話。{同人誌}



そして、君蘭さんが受け入れる立場として我慢をするだけでなく、自分の気持ちを出すことが出来るようになった幸せなお話の書き下ろしがありハッピーエンドなコミックでした。



久しぶりに、安曇もか先生の作品じっくり読みましたが、相変わらず絵の柔らかい線・きらびやかな西洋の服…お好きなんですね。
しかも、フンワリしたブラウスがまた、着たくなるくらいもう…オシャレなんですよ。
まぁ、西洋のとなると、これが貴族階級の正装でしたでしょうが……
安曇もか先生の書く、こーゆー衣装ダイスキo(^-^)o


まだ、こーゆーBLジャンルに手をだしはじめた頃に、いにゃ、その頃は耽美系とか…や◇いとか言うのが主流で、ちらほらBLという言葉が出始めたばかり?くらいでした。
安曇もか先生の書かれていた貴族かバンパイアの話かなぁ?耽美なお話にも惹かれましたが…
袖にフリルあるブラウスとタイが欲しくて、着たくて………でも田舎でそんなの無くて。
隣県にあるロリータやゴシック系ブランドには似たようなブラウスなどあったのですが………お金なくて買えなくて


田舎のおばちゃんのための服屋にあるカラオケ衣装用のブラウスを購入して、手芸屋さんで大振りなレース縫い付けて、レースでリボンタイ作ったな。
で、そのブラウスきて、黒のパンツ履いて、ちっちゃなライブハウスに先輩と行ったんだよなぁー。〇夢とか◇アージュとか…グ〇イとか…
懐かしい。


今は、もうその服は無いですが………今回、久しぶりに安曇もか先生の作品を読んで、いろんな昔?を思い出しました。


たまには……他の作品にのめり込みむのもいいものだと思いました。



安曇もか先生の絵をみたら、最近…ギャル系かカジュアル系で落ち着いていたのですが………久しぶりに、ロリータとかフワフワ姫系着たくなった。

次の休みはクローゼットの中を探そ。
ふふー。ちかぢかのお友達とのお茶会、ロリータワンピースにしようかしら?






  1. 2013/09/17(火) 13:25:11|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月2日

こんばんは(゚▽゚)/

訪問・拍手ありがとうございます。
8月も終わり9月…やっと本格的に秋の到来?!のはず……まだまだ暑さが続きます。お体の管理を気をつけてくださいね。



我が家のスズムシさん。
リー…リーから
リーン……リーン……と、たどたどしく鳴くようになりました。

もう少ししたら綺麗に鳴くかしら?
成長楽しみです。
今日は頂き物のアマゴの頭をあげたら、しばらくしたら……スズムシがかじりついていました。
なんだか不思議だなぁ。
野菜しか食べないイメージがある生き物が、魚食べてるの……
まっ、元気に育ってくれればいいや。



8月は、b-boyのまとめ読み、Goldに春抱きと、まったり腐女子ができる時間があり幸せでした。
9月は、ちょっと乙女?になりに美容院に行きたいなぁ。
ピンク系ブラウンに染めたい……
そして10月にはお買い物したーい。



ちょっとずつ、お出かけしたいな。
9月も、のんびり気まぐれに宜しくお願い申し上げます。
  1. 2013/09/02(月) 23:15:28|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。