couler-de-source

新田祐克先生大好き。 BL/腐女子になります。 カテゴリーに分けて掲載をしていきますので、今日のblog(つらつらblog)には、BL/腐女子のつぶやきになります。 他カテゴリーはSSになりますので宜しくお願いします。新田祐克先生の代表作品『春を抱いていた』のSS中心になりますが、たまに他の作品や作者のがあるかもしれません。 ご理解ある方々、宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春抱き★春眠…香藤Version

『カットー!それでは休憩はさみます。』


響き渡る監督の声に、お疲れと声をかけそれぞれ控え室へむかう。



椅子に深くもたれる香藤


『ふぅ~。』


『お疲れ様でした。香藤さん。』


金子は香藤にコーヒーを渡し、ポケットの中で鳴り響く携帯を片手に廊下へでた。
香藤はコーヒーを口にしながら鞄の中へ手を入れ、ロザリオを取り出しマリアロケットを開き、岩城の健やかな寝顔の写真を見つめる。


『もう眠ったかな。あと少し頑張るよ。』


そっと写真を指先でなでロケットを閉じ鞄へ戻したところへ金子が戻ってきた。

『香藤さん。今日最後のシーン撮影始まりますので。』


『はいよ!』


香藤はコーヒーを飲み干し、大きく伸びをして控え室を後にした。





深夜の帰宅。
そっと寝室に入り岩城の寝顔に「ただいま」のキスをし、起こさないようにベッドへ滑り込み眠っている岩城を抱き寄せると、岩城が温もりを確認するように身体や足を擦り付け、さきほどより柔らかな寝顔に変わった。


『あー、今日は花冷えで寒かったね。岩城さんの足ちょっと冷たいや。あたためてあげよ。』


岩城の足に自分の足を絡ませ、岩城の髪を撫でた指を頬へと撫で下ろす。


『写真の寝顔より、俺の腕の中の寝顔の方が一段と可愛い。』


香藤が小さく呟くと、岩城が香藤の胸に顔をうずめた。


『ふふっ。聞こえてた?恥ずかしくなったのかな?それとも安心して俺に甘えてくれてるのかな。』


岩城の背中をあやすようになで、香藤も暖かく優しい睡魔の波にのまれていった。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/29(火) 22:19:58|
  2. 春を抱いていた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月29日

こんばんは。


訪問ありがとうございますm(__)m


今日は、半日仕事してから、いつもの美容院の担当者と日にちがあわなくて、仕方なく…会社近くの美容院に初めて行きました。


みなさん初めての美容院って、けっこう緊張しませんかぁ?
緊張ガチガチで…コミュニケーションなりたたず。とりあえずカラーリングだけしてもらい帰ってきました。
技術としては残念ながら次はないな。
色は指定したとおりに綺麗に入ったと思うのだけど、ちょっとね……雑なやり方だった。
近くて便利だと思ったのに、なかなかうまくいかないなぁ。


来月休みを合わせて、いつもの美容院にカットに行こう。そろそろ半年すぎたから毛先カットしないと……。



4月も明日で最後。
今月も訪問・拍手ありがとうございました。
5月も宜しくお願いします。
  1. 2014/04/29(火) 12:22:03|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月26日

こんばんは。


訪問ありがとうございます。古いSSに拍手ありがとうございます。
こんな稚拙なSSに拍手いただき心から感謝いたします。
これからの励みになります!


もうすぐ春抱きに会える~!!嬉しいですね!



でもSSは、BRONZE。
すみません。久しぶりにBRONZEに走ってます。
というのも…尾崎先生のblogでマーガレットさんと打ち合わせがありました!と更新があったので、再連載を期待しているのです。
無理かな?
いまスマホで読める漫画連載中だし…??
でも、ちょっとは期待してもいいかな??
もう一度…泉くんに晃司に会えるように……。



それでは素敵な休日を~★
  1. 2014/04/26(土) 20:19:34|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRONZE★ I FOR YOU…4

風呂に入ろうと声を何度かかけたが泉は桜を見入ってしまい、なかなか晃司に気がつかなかった。


『わりぃ…』


顎を湯に沈ませ、チャプリと音を立てる。


『気にしなくていいよ。ホントに綺麗だよね。』


泉をかかえなおし、庭の桜を眺める。


『さっき飲んだお茶だけど、女将に聞いたら桜葉を使ったお茶なんだって。ここでも買えるから芹香ちゃん達に買って帰る?』


『そうだな。いいかもしんないな。』


『じゃあ、女将に夕食の時に持ってきてもらうように頼むよ。あと夕食後に会って欲しい人がいるんだけど?疲れてない?』


『いーけど。誰だ?』


振り返る泉に


『ん?ナイショ。』


文句をいいたそうに唇を尖らせた泉にキスをし抱き上げる。


『のぼせる前に上がろう。夕食まで少し仮眠したほうがいい。マッサージしてあげるから。』


ゆっくりと風呂をでると、タオルでくるみ優しく包み風邪を引かないように、手早く拭き、着替えさせて布団で足からマッサージをしているうちに穏やかな寝息が聞こえ始めた。
泉の寝顔を見つめ、そっと柔らかな髪を撫でる。


『良かった。喜んでくれて…』


額にキスをし、そっと襖をしめ晃司は本館へむかった。
  1. 2014/04/26(土) 20:09:43|
  2. 絶愛→BRONZE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRONZE★ I FOR YOU…3

山道をのぼりしばらくすると、旅館の門が見えてきた。


『泉さん、晃司さん。そろそろ到着しますよ。』


京が後部席に声をかける。

『あっ…はい…』


すっかり眠っていた泉は、膝で気持ち良さそうに寝ている晃司を揺すり起こす。


『うぅ~』


このまま、まどろんでいたいと、しがみつく晃司の頭を軽く叩くと、頭をさすりながらのそりと起き上がった。


『拓ちゃん、晃司から聞いていると思うけど、拓ちゃんの泊まる宿は、女将が担当になっているし、最小限の仲居しか出入りしないからね。あとは、室内で杖の使用許可もらっているから安心して。夫婦喧嘩したら、アタシ達の方にきなさいな。』


車を止めながら渋谷がいう。門には女将が出迎えに来ていた。
晃司は、さっさと車を降りると荷物を女将に預け、泉を車椅子に抱き降ろし、車椅子を押しながら女将の案内に付いていく。


『こちらの桜の宿になります。』


女将が玄関を開けて鍵を晃司に渡す。


『女将、ありがとう。』


晃司はポケットを探り、志しを女将に渡し


『あとは、自分達でします。また後で頼みます。』


綺麗な営業スマイルの晃司に


『では、ごゆっくり。』


女将は、少々頬を染め頭下げさっていった。


『ほんとに…一軒宿なんだな…』


宿を眺めながら言う泉に


『うん。少し休んだらお風呂入ろうか?』


杖を差し出した晃司に、泉は首を振り、車椅子をかまどい近くまで移動させ、はいずりながら部屋の襖を開け暖かな日差しが入り込む窓から景色を眺める。


『桜…』


後から入ってきた晃司は、杖を壁にもたれさせ


『ちょうど満開で良かったよ。泉、お茶飲む?』


『あっ、おう。』


桜に見とれていた泉は、慌てて座布団に座った。
口にしたお茶からは桜の香りがした。


『桜餅みたいな味がするな。』


『うん。そうだね。変わったお茶だね。はい、お菓子。』


可愛らしい干菓子を差し出す。ほどよい甘さが体に染みてゆく。


『ふぅー。贅沢だよな。こんなとこ…』


改めて部屋を見渡し泉がポツリと言う。


『もう…泉、そういうの忘れて、ゆっくりしてよ。少し横になる?』


移動疲れを心配して聞く晃司に泉は首を横にふり、窓辺にはい寄り、柱にもたれ桜を眺めた。
桜を見入っている泉に、微笑み晃司は荷物を手に隣の部屋に静かに移動した。

  1. 2014/04/24(木) 23:07:59|
  2. 絶愛→BRONZE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月10日

こんばんは('-'*)

訪問ありがとうございます。
blog更新…久しぶりとなりますー。


Hさま
BRONZEご存知でしたか?三年ぶりにBRONZEのSS書きました。久しぶりに泉さんに会いたくて会いたくて…でも尾崎先生。。。描いてくれないんですもの(泣)
GIGOLOはどんな香りなんでしょうね?
GameやDVDあっても香水が無いなぁ……
あってもキハツ?して香りがわからなかったりして?
コメントありがとうございますm(__)m



さて
先月は研修会に仕事に追われる日々を過ごしていたため、blog+SSともに更新が少なかったですが、少し落ち着いてきたので、今月は更新多め?だと思います。

今日は、リブレ出版の【イクメン★アフター2巻】・こだか和麻先生の発売日をツィッターで知ったのですが、地元書店にはBL取り扱いがなくなりまして…
ネットで頼もうかと思ったのですが、日曜に、お出かけ予定があるので、書店で購入しようと思いますー。
書き下ろしあり……。
楽しみ!


あと二日
仕事頑張ります。


  1. 2014/04/10(木) 19:57:59|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRONZE★ I FOR YOU…2

『おはよ!拓ちゃん開けて~。』


渋谷の声にオートロックを解除すると、やっほ~と、手を振りながら入ってくる渋谷に


『いつも勝手に入ってくるのに、わざわざインターホン鳴らすなんて珍しい。』


泉は準備しておいた二人分の荷物を取りにむかった。

『だって~、お宅の旦那が煩くてさぁ。』


目にした荷物をアタシが持つわよと手にし、泉を玄関にうながす。


『旦那って…晃司は?』


赤面しながら靴を履く泉に

『ライブあと立て込んだ打ち合わせやインタビューで後部席でダウンしてるわ。優しくしてあげてね。』


泉にウィンクして車にむかう。後部席のドアを開け


『ほら、晃司。拓ちゃんよ!!起きて!』


荷物を肩にかけたまま晃司を揺する。渋谷の声に慌てて起き上がった晃司はベルトを外し車を降りた。


『ただいま。おはよう泉。』


『おぅ、でけぇ車だな。』


車を見て、自分でシートへ乗れないもどかしさに泉は困惑する。


『山道いくからね、今回は我慢してね。』


泉を抱き上げシートに座らせると、車椅子をたたみトランクへ荷物と一緒にのせ、泉の隣に座る。


『泉さん、おはようございます。』


助手席から京が、ペットボトルを渡す。


『おはようございます。』


『いい天気になって、良かったですね。』


『そうですね。』



久しぶりに会う綺麗になった京に照れながら答える泉に、少し嫉妬した晃司は体をずらし、泉の太ももへ頭をおき眠ることにした。
いつもなら人前で!とはねのける泉が、今日のために仕事を詰め込んでいた晃司を労るようにされるがままにしていた。



運転席に乗り込んだ渋谷が後ろを確認をし


『では、出発ー!』


元気な声をあげて車を走らせた。
  1. 2014/04/10(木) 19:32:32|
  2. 絶愛→BRONZE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRONZE★ I FOR YOU…1

『はぁ?温泉だとぉ?』


夕飯の片付けをしていた泉の手が止まる。


『今度の週末ね。ほら約束したでしょ?』


『約束?温泉なんて約束してねーぞ。』


晃司は、再び片付けを始めた泉を手伝いにキッチンにむかい、鍋やフライパンを片付け、泉をリビングへと連れていき、ソファーに座らせ隣に座る。
リビングテーブルには温泉旅館のパンフレットが広げられていた。


『こんな高そうなとこ!』


パンフレットを目にした泉は晃司の頭を叩く。


『イタっ。だって約束したじゃない?』


『だーから、なんの約束だ!!』


もう一度、晃司の頭を叩こうと振り上げた泉の腕を掴む。


『忘れたの?バレンタインプレゼントくれたファン全員のお礼のポスカに【THANK YOU】書いたら、オフになんでも付き合うって言ってくれたでしょ?』


『あっ………』


泉は思い出して腕の力をぬいた。


『全部…ホントに書いたのか?』


驚いた表情の泉に


『うん。渋谷の作ってくれたポスカに、泉が言ったように一言だけどさ。【THANK YOU】って書いたよ。時間かかったけどね。ほら、これはサンプル。』


旅館パンフレットのあいだから取りだしたメンバーが写ったポスカに、晃司の手書きの【THANK YOU】があった。


『あれ…1000越えてたぞ……。』


泉は慌てて口を手でふさぐ。


『住所入力してくれた渋谷や高ちゃんに感謝だよ。それに…泉も手伝ってくれたって高ちゃんに聞いたよ。』


晃司は優しく笑い、泉の手を取り指先を優しく包む。


『パソコンなんて、慣れてないのに…高ちゃんが忙しいときに変わりに入力してくれたんだってね。』


『あ…あれは。あんな大騒ぎになっても、お前なんかを応援してくれる子が悲しんだらかわいそうだから…っか、お前のためじゃねーよ。』


プイと顔を背ける泉に晃司はクスリと笑い。


『うん。ファンの子達のためだもんね。』


『おう。そうだ。。。』


『この温泉旅行は、泉へのお礼なんだ。』


パンフレットを泉の前にすすめる。


『俺は、いかねーぞ。』


『どうして?』


『この足だし、傷だってある。まわりが不快になるだろうが。』


少し俯いて言う泉に、晃司は優しく肩を抱き


『大丈夫。予約したのは露天風呂付きの離れ宿なんだ。仲居さんも呼ばなきゃこないし、まわり気にせず温泉入れるから…ね。ゆっくりできるよ。』


泉の肩を抱き寄せ、なだめるように話す。


『しかたねーなぁ。今週ってことは、キャンセルできねーんだろ?』


『うん。』


パンフレットに手を伸ばした泉を見て、嬉しそうに晃司は頷き旅行の予定を話した。
  1. 2014/04/08(火) 22:19:58|
  2. 絶愛→BRONZE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月4日

こんばんは。

訪問ありがとうございます。


3月は慌ただしく追われるように日々を過ごしておりました。
訪問いただいた皆様・拍手をくださった皆様に感謝いたします。


4月になり少しずつ落ち着いて仕事に取り組めるようになってきました。
桜も満開となり暖かいと思っていましたが、今夜は冷え込み久しぶりにホッカイロ貼りました。


blogの方は少しずつ時間をみて更新していきますね。
いまは久しぶりに、尾崎南先生のBRONZEのSSを書いています。
むしょーに、幸せな二人を書きたくて、、、
また
出来上がったら更新しますね。
おやすみなさい。
  1. 2014/04/04(金) 22:39:32|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。