couler-de-source

新田祐克先生大好き。 BL/腐女子になります。 カテゴリーに分けて掲載をしていきますので、今日のblog(つらつらblog)には、BL/腐女子のつぶやきになります。 他カテゴリーはSSになりますので宜しくお願いします。新田祐克先生の代表作品『春を抱いていた』のSS中心になりますが、たまに他の作品や作者のがあるかもしれません。 ご理解ある方々、宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月22日

こんばんはm(__)m


訪問・拍手ありがとうございます。


Rさま
本当に、六実の血筋がモヤモヤしたままですよね。麻美さんも先代の娘ですよね。きっと…麻人くんはどうなんだろう?なんだか私は麻人も先代の子供だと思っちゃいました。もう少し書いてほしいなぁ。



Eさま
同じ気持ちを感じた方がいてよかったー。先代ったら、キチクですよね?!先生ったら、〇道責めいがいに、シリーズ名までクリアしてるよ。スッキリはできないけど…コミックは楽しみですね。
お互い体調管理きをつけましょうね。



今日は、晴れなのか曇りなのかすっきりしない一日でした。
でも今年は雨が少ないなぁ。湿度も少ないし。
気候がおかしいせいなのか?昨年は鈴虫の赤ちゃんがでてきたのに、今年はまだ赤ちゃんがでてきません。(泣)
今年はでてこないのかな?もう少し様子をみます。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/22(日) 22:59:58|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月20日

こんばんは。
やっとこさ〇道責め読みました。



キスアリキ=キリアスキ


タイトルをひっくり返すと、あらまぁ〇道責めのシーンでの透くんの愛の告白が…
やーお熱い……。
しかも、情欲を吐き出すそこをふさいでる姿…俺だけの物といわないばかりの独占欲?愛情表現?透くんったら六実くんに心底惚れてるんだね。


始まったときは、先生が描くには若いカップルだなぁと思い、透くんの自身の容姿に対する劣等感から自分の才能を開花させずにいる姿。
六実くんの軽くなんでもこなしていくインテリ独特の姿が少し互いに孤独を漂わせ痛々しい感じがしたけど、ラストはお互いの力で足りないところを補い合える素敵なカップルいや…もう夫婦でいいや。仲睦まじい姿がよかった。



ただ気になるのは、麻美さんと麻人さんが先代の娘さんに産ませた子供って?えっ…ちょいまち?!
先代は自分の娘に手を出したってこと?!
で…麻美さんが看取るさいに出来たのが六実?
血縁関係は透くんとはどういう風になるんだ?麻人とは兄弟って流れになるのかな?
というより…先代……これかなりのキチク………。
先生~これ気になる~。
一旦区切りとのことなので、また描かれる可能性もありますよね。




春抱き・パスタ・アラブ・ポリスと作品を抱えての連載ほんとうにお疲れ様でした。
また、コミックでじっくりと読みたいですー。
  1. 2014/06/20(金) 22:01:03|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

6月19日

こんばんはm(__)mお久しぶりです。


Hさま
Nさま
Rさま


とても香藤くんBIRTHDAY用と思えないオバカな作品にコメントありがとうございますm(__)m

ほんと長年連れそうと当たり前に思うことをいつまでも大切に…幸せを噛み締めてくれる香藤くんが可愛くて羨ましくて…
そんな風に生きて行きたいという思いもあり書いてみました。
笑っていただければ幸いです。


岩城さんは固い家で育ったから、きっとオナラはトイレでしてます。
そして万が一…でちゃったら思いっ切り真っ赤になりながら謝りますが、オナラは臭くなく~バラの薫りがすると思います!
岩城さんは何もかも美しいのです。




香藤くんのBIRTHDAYからずいぶんと更新があいてしまいましてすみませんm(__)mこの不安定な気候の影響もあり体調が安定せず、画面に向き合えず、ゆっくりと文章を書くことができず、お礼も後回しになっておりました。
申し訳ありません。



今日は月に一回の大学病院にむかっております。
音楽はB-Tのアルバム【或いはアナーキ】。
彼らの曲をじっくり聞くのはいつ以来だろう?
きっと初めて聞いた【悪の華】以来かな?

秋のライブまで、このアルバムを聞き込んで楽しみたいと思いますp(^^)q

  1. 2014/06/19(木) 10:21:06|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あばたもえくぼ

いろんな岩城さんを知ってる。

笑顔の岩城さん。

悲しみにくれる岩城さん。
俺の愛情表現に驚く岩城さん。
大袈裟だと怒る岩城さん。

仕事に取り組む岩城さん。

病に苦しむ岩城さん。

艶やかな岩城さん。

そして、すべてを乗り越えて大人になり俺を慈しむ大きな岩城さん。

俺が歩む道を間違えそうな時に、正しい道へ導いてくれる岩城さん。


二人でじゃれあって笑いあったり。

俺が作っているご飯の匂いにお腹がなったり。

俺のご飯を美味しいって、食べ過ぎちゃって口元をかくしてゲップしたり。

ひょんなことから、クシャミやしゃっくりが止まらなかったり。




でもね
一つだけ知らないのがあるんだ。
それはね…オナラ。
同棲時代から、これだけは聞いたことないんだ。
こんなに長く一緒にいるのにだよ。
オレ?うん…岩城さんの前でしちゃったことあるよ。
ゴメンって謝ったら

「お前は、よく鍛えてるから代謝がいいんだな。」って岩城さんは笑ってた。



岩城さんはトイレでしてるのかな?
恥ずかしいんだろうけど…うぅっん…今更そんなこと気にしないのになぁ。




クッションを抱え、コロンコロンとソファーで転がっていると


『香藤、ひなたぼっこしてる猫か?』


コーヒーマグカップを二つ持って立っている岩城が声をかける。


『あり?岩城さん。仕事終わったの?』


清水が持ってきた書類を持ち、パソコン入力してくると上がっていき部屋にこもったままだと思っていた岩城をみとめ慌ててソファーに座る。


『仕事といっても簡単な確認だけだからな。終わって降りてきたら、お前がブツクサ言いながら転がっていて、笑いをこらえるのに大変だったんだぞ。』


岩城はソファーに座りコーヒーマグカップを香藤に渡す。


『へっ。聞こえてたの?!』


『はっきりとは聞こえなかったが、何を言っていたんだ?』


コーヒーを口にしながら岩城が聞く。


『まぁ…いろいろとね…』

香藤がフフッと笑いコーヒーを口にする。


『ん?なにをだ?』


『いや、ずいぶんいろんな岩城さんを知ったなぁって思っていたの。』


『また、それか…』


香藤の本人を前にして、惚気がはじまったかと額に手をあて岩城はうなだれる。

『そういう呆れ顔の岩城さんも素敵!』


『お前は馬鹿か…』


ふぅ…とため息をはきソファーにもたれる岩城に


『だってさ、出合った頃の岩城さんって、本当に同じ血のかよった人間かと思うくらいに、何に対しても無関心って感じだったのにさ。こーんなに喜怒哀楽のある人なんだって…もちろん俺しか知らない可愛いとこもたくさんあるけどね。』


『無関心って…まぁ、確かにあの頃は、自分でも割り切って生きていたと思うよ。』


『でもね…まだ知らないこともあるんだ。』


甘えるようによりそう香藤


『そうか?』


『うん。あるある。』


『どんなことだ?』


首を傾げる岩城に


『怒らないって約束してくれる?』


『あぁ…まぁ。』


『怒らないって断言して。』


つめよる香藤に、わかったわかった怒らないと答えた。


『岩城さんのオナラ!』


香藤の言葉に、ぽかんとした岩城は次の瞬間真っ赤になり


『そ…そんなこと知らなくてもいいことだろうが。』

と声をあらげた。


『うわっ、怒らないって言ったのに~。だって~気になったんだもん。我慢してたりしてるんじゃないかと思ってさ。別に俺は気にしないから、今度からわざわざトイレ行かなくてもいいからね?!』


『なっ…我慢なんかしてない!このバカ!!』


岩城は、香藤にゲンコツを振り下ろすと、スタスタとリビングを出ていってしまった。


『んぅっ…もう照れ屋なんだから。』


香藤は頭をさすりながらソファーに転がった。


『まっ、あれが岩城さんなんだよね。小さな声の馬鹿の時は本気で呆れてるとき、大きな声でのバカのときは照れ隠し…』


クスクスと笑いながら、照れちゃって~ホントに岩城さん可愛い~とリビングで一人騒いだ。




★★★★★★★★★★★★

香藤くんお誕生日おめでとうございます(v^-゚)
何年たっても、岩城さんとの些細なことで幸せを感じれる可愛い香藤くんが好きです。


  1. 2014/06/09(月) 21:00:20|
  2. 春を抱いていた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香藤くん★おめでとう

香藤くん
お誕生日おめでとうございます( ^^)Y☆Y(^^ )


いまごろ…京都で岩城さんと、ゆっくりと料亭などでお食事されているかな?


今年は、どんな風にお祝いSSを書こうかと思っていました。
で…でてきたのは岩城さんの小さなことでも幸せを感じれる、いつまで一つ一つを大切に幸せに感じれる香藤くんがでてきました。


一緒に年月を重ねる時間が長くなるとと、些細なことで幸せを感じることってなくなっていくような気がして……。


でも…香藤くんは違う。
何年たっても、ほんの些細なことで、香藤くんにとって幸せを感じれて宝物なんだなぁって……


どうか
いつまでも岩城さんを大切に…守って守られて幸せな一年を過ごされますように……。


  1. 2014/06/09(月) 20:54:41|
  2. つらつらblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。